しつこい勧誘は断り方を知っていれば安心

勧誘の断り方

脱毛サロンの「カウンセリングに行かない理由」の1つに「勧誘がしつこいから」があります。

 

確かに勧誘を断るのはストレスですし無理やり契約されるのも怖いですよね。

 

しかし、せっかくツルツルになれるのに勧誘がある為に脱毛しないまま、というのは勿体ないと思います。

 

実は2010年以降、脱毛サロンの勧誘はほとんど無くなりました!

 

「脱毛サロンの勧誘はどういったものか」や「勧誘の断り方」をしっかりと確認しましょう。

勧誘はほとんどない!

勧誘の断り方

2010年以降、脱毛サロンがしつこく勧誘することは無くなりました。

 

その理由はSNSの発達です。TwitterやInstagramなどで勧誘のしつこい脱毛サロンは即炎上してしまいます。企業にとって大きなマイナスイメージとなるので、現在は無理な勧誘はほとんどありません。

基本的に大手の方が勧誘は少ない

大手の企業の方がにコンプライアンス(法令遵守)がしっかりしているので、勧誘が少ない傾向にります。簡単に言うと全国展開している有名な脱毛サロンです。

 

それに勧誘後に解約となった場合、クーリングオフの手続きに手間がかかることもあり、強引な勧誘は減ってきました。

 

現在もしつこく勧誘しているのは小規模のサロンが多いようです。

勧誘を上手く断るためのコツ!

勧誘の断り方

しつこい勧誘は基本的にありませんが簡単な勧誘(ご案内)はあります。

 

正しい断り方を知ることで、雰囲気を壊さずに楽しく無料カウンセリングを終えることができるます。

 

それではコツをお伝えしますので、自身で使えそうなモノを選んでください。

カウンセリングシートの職業欄は無難なモノを

サロン側はカウンセリングシートにある職業の欄から、安定した収入があるかを推測します。やっぱり安定していると、サロン代も払ってくれそうですもんね(笑)

 

例えば「経営者」や「医者」とまで書かなくても、「会社員」、「OL」でも安定とみなしてちゃんと勧誘してきます。

 

ワザと「専業主婦」や、「フリーター」と書けば、しつこい勧誘はなくなる!といった声もあるそうです。

以前通ってたサロンについて

「脱毛サロンに通ったことはありますか?」と聞かれたらチャンスです。

 

「以前通ってたサロンは他の高額コースの勧誘が酷かったので辞めました。」と言えば勧誘は激減します。

時間を決めると勧誘しにくい

無料カウンセリングの際、多くのサロンが「この後のご予定は?」と聞いてきます。

 

この場合は「○○時には予定があります」のように事前に終わる時間を言うことがポイントです。勧誘もなくスムーズにカウンセリングを終えることができます。

 

また、閉店時間近くにカウンセリングを受ける手もありますが、知りたい情報(コースの特徴や値段など)を納得いくまで聞けない可能性もあるので、あくまで参考です。

困ったときの便利なフレーズ

勧誘の断り方

断るときに、あんまりモゴモゴしていると雰囲気が悪くなるので気持ちよくサクッと断りましょう!

 

もし、勧誘で理由を聞いてきた場合(何か悩まれてますか〜?など)あらかじめ返答を用意しておくと便利です。

 

それでは実例を紹介します。

パターン1:今すぐカウンセリング打ち切りたいとき
「○時から予定があるのでそろそろ出かけます」

 

パターン2:説明がダラダラ長い
「後はコチラで検討するので資料だけ頂けますか?」
「他のサロンも体験予約しているので比較して決めます」

 

パターン3:どこか他のサロンに通ったことはありますか?
「○○に通っていましたが他のコースの勧誘が酷かったのでやめました」
これは強力です(笑)しつこく勧誘できなくなります。

 

パターン4:その他
「主人と相談して決めます」
決定権が自分にないことをアピールしましょう

以上のように事前に考えておくと、スムーズにカウンセリングを終えることができますよ。

 

基本は「今日はカウンセリングor体験だけ受けに来ました」「コースは家に帰ってじっくり検討します」これでOKです。

他の脱毛サロンと比べて自社のアピールをしてくる場合

これだけ脱毛サロンが乱立しているので、各サロンに独自のアピールポイントがあります。

 

結構いい情報なので素直に聞くのも1つですが、そのまま勢いで契約するよりは上記で紹介したような便利なフレーズで一旦待ってもらいましょう!

勢いで契約したときはクーリングオフで解決!

勧誘の断り方

契約日から8日以内の場合はクーリングオフが適応可能です。
※契約日も含めます

「クーリングオフとは」

一定の期間内であれば消費者が業者との間で締結した契約を一方的に解除できるという制度

クーリングオフの手順!

簡略してまとめると以下の手順です。

・書面(はがきでOK)を送る
・クレジット契約の場合はクレジット会社にも同様のものを送る
・2週間以内に入金されたか確認
・クーリングオフの通知書は両面コピーした後、5年間保管

クーリングオフの条件

・契約日から8日以内
・契約金額が5万円(税抜)以上
・契約期間が1ヶ月以上

脱毛サロンは上記の条件をすべて満たしていますね。いざとなればクーリングオフが可能という点も嬉しいポイントと言えます。

クーリングオフはココに注意!

心強いクーリングオフですが注意点もあります。脱毛サロンで多い「月額制」や「都度払い」は条件に合いません!

 

クーリングオフが可能なのは「回数パック」や「契約期間が長いコース」のみになります。

まとめ

いかがでしょうか。今回はしつこい勧誘の断り方についてお話しました。

 

とは言っても、最近の脱毛サロンはそもそも「しつこくない」ことがほとんどなので、リラックスしてカウンセリングを受けた方がお得です。

 

簡単に断れるフレーズやクーリングオフもありますし、気になるサロンは無料カウンセリングに行ってみることをおススメします。